コールドパーマとデジタルパーマの特徴やメリット・デメリットについて!

      2017/03/01

どうもこんにちは、最近パーマする男性若者が増えてきてますね。

20代~30代に人気がありモデルの方やファッションの一部として取り入られています。

今回は、そんなパーマの中のコールドパーマとデジタルパーマの特徴やメリット・デメリット

について紹介していきます。

スポンサーリンク

コールドパーマとは?

 

 

これは最も一般的なパーマにもかかわらず原理を知らない人がかなりいます。

パーマで単に「パーマ」という場合、このコールドパーマのことを指すくらいで

「第一のパーマ」とも呼ばれます。

簡単に説明すると、まず1液で髪の結合を解きます。

そしてロッドを巻き形を作り2液(酸化剤)で固める。イメージできますか?

 
やってる事としては、チョコを溶かして型に入れて固め直す感じです

それが髪の内部で起こっているだけです。

 

コールドパーマは髪が濡れている状態だとカールやウェーブが強くでます。

スタイリングする際には、髪を少し濡らしてからスタイリング剤を使うとよいでしょう。

ふんわりとやわらかな印象をだしやすいのもコールドパーマの魅力です。

 

コールドパーマはこういった人におすすめ!

 

コールドパーマが似合う人はくっきりとしたウェーブやカールではなく

ふんわりとした質感を求めている人にはコールドパーマがおすすめです。

 
クセのある髪の人だと比較的かけやすいパーマなので、

そういった人もおすすめです!

 

コールドパーマが似合わない人とは?

 

細くてやわらかい髪や太くて硬い髪にはかかりにくいです。

また、髪質関係なく髪が傷んでる人もかかりにくい傾向があります。

 
コールドパーマは、短い髪や部分的にもかけることができるので、自由度の高いパーマです。

かかりにくい髪質はありますが、自由度の高いパーマなので、

もったいないですよ!

また、自分自身で判断するのは難しいこともあるため、

美容師に髪の状態を見てもらいスタイルを決めていくのがおすすめです!

 

コールドパーマのメリット

 

ロッドの種類が豊富にそろっているので、幅広いデザインがあります。

薬剤しか使わないので髪へのダメージが比較的少ないのも嬉しいところです。

 
また、熱を使わないため火傷の心配もなく、

髪の根元からしっかりとカールやウェーブをつけることが可能です。

 
また、熱を加えるホット系のパーマ(デジタルパーマなど)に比べて短時間で仕上がり、

価格もホット系パーマより安く設定されていることが多いです。

 

まとめ

・他のパーマや髪型にスタイルチェンジにしやすくデザインが豊富

髪へのダメージが少ない

・髪の根元近くから髪全体にパーマがかけられる

ほかのパーマよりも短時間、低価格でできる。

 

コールドパーマのデメリット

 

ウェーブやカールの持ちがよくなく、髪が乾くとカールやウェーブが弱くなります

しかも、しっかりとかけると質感が硬くなりやすいので難しいところです。

スポンサーリンク

デジタルパーマとは?

 

 

理論的にはコールドと同じですが、熱処理をする事によって形状記憶をさせます。

コールドパーマの場合は濡れている時にはウェーブが強く、

乾かしていくとだれていくため、ワックスやムースでのスタイリングは必須なのですが、

デジタルパーマは乾かす事によってウェーブが戻っていくのでスタイリングがとても楽です。

 
しかし、毛量が少なかったりするとデジタルパーマの良さは分かりづらいかもしれません。

そういった意味では髪の量が多い人が適してると思います。

 

デジタルパーマはこういった人におすすめ!

 

パーマがかかりにくい人

•パーマが長持ちしない人、長持ちさせたい人

スタイリングを楽にしたい人

クセの強い髪、天然パーマ、硬い髪

•ペタっとした猫毛の人(髪がボリュームアップするため)

•縮毛矯正をかけている人

 

デジタルパーマが似合わない人とは?

 

・形状記憶力が強いため、ブローをしてもウェーブが残りやすく、

ストレートヘアも楽しみたい方には不向き

・髪が硬めの仕上がりになるため、ふんわりと柔らく自然な仕上がりを求める方

デジタルパーマのメリット

 

・再現性に優れている。

・持ちがいい。

・ツヤ、コシが出る。

スタイリングが楽

デジタルパーマのデメリット

 

施術時間が長い。

値段が高い。

・量が少なかったり、すかれていたりする髪には不向き。

・スタイルチェンジしづらい。

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、コールドパーマとデジタルパーマの特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。

 
僕的には一般的なコールドパーマしか使わなくても大丈夫かと思いましたが、

デジタルパーマのメリットを見ると再現性が高いことやくずれにくいことから

イベントなんかにはデジタルパーマを起用しようと思いました。

 
コールドパーマは値段が安く、短時間でできるので、やはり日常向けだなあ~と感じました。

一般人でデジタルパーマをしてる人はあまり見ませんが、日常的にたまに使ったりして

周りを驚かせるのも面白そうですね!

 
これからパーマを使うときはコールドパーマとデジタルパーマを使い分けようかと思います!

皆さんもぜひ参考にお試しください!

 - メンズ 髪型