能年玲奈が「この世界の片隅に」に声優起用された理由は○○だった!?

   

人見知りな性格で彼女がテレビに出演すると放送事故と言われるほど炎上しやすい能年玲奈さん。

世間では能年玲奈として定着していますが、実は2016年7月より、芸名をのんに改名していたんです!

そのため最近のニュースではのんと表記されていて誰?という感じになることがたびたびありますw

今回は、そんな能年玲奈さんが「この世界の片隅に」に声優起用された理由について紹介します。

スポンサーリンク

能年玲奈プロフィール

名前:能年 玲奈(のうねん れな)

生年月日:1993年7月13日

出身地:兵庫県神崎郡神河町

身長:164cm

血液型:A型

職業:女優

活動期間:レプロエンタテインメント(2006年~2016年)non(2016年~)

特技:絵を描くこと

趣味:ギター、読書、アニメ

 

「この世界の片隅に」に能年玲奈が声優役で誕生!

 

女優の能年玲奈さんが「のん」に改名した後、初の声優主演作品となったアニメ映画「この世界の片隅に」

がかなり評判がよく、公開されている63館の映画館は満員御礼で、初動の興行成績が全映画のベストテンに入りました。

 

「この世界の片隅に」は2016年11月12日から公開されていて、観客動員数ランキングで2週連続10位を記録した。

全国で63館という小規模での上映でランクインすることは相当な快挙だったようです。

スポンサーリンク

能年玲奈を声優で起用した理由とは?

 

大ヒット中のアニメ映画「この世界の片隅に」が、「おおさかシネマフェスティバル2017」の日本映画作品賞に選出され、

2017年3月5日に片渕須直監督が大阪市内で行われた授賞式に出席しました。

 

本作の主人公・すずの声を担当したのがのん(能年玲奈)さんで片渕須直監督は、

事務所独立騒動以前の3年前から起用を考えていたことを明かしました。

 

そして片渕須直監督はのんさんの起用経緯について

「映画の神様のささやきです。」

「ほかに理由のつけようのない。「この人だ」と思って3年。最初に思ってた通りでよかった。」

とコメントしました。

 

映画の神様のささやきなんてぼくらには全くわかりませんねw

3年前からのんさんを起用したいと思っていたそうで、よく3年越しに実現させましたね!凄すぎます!

スポンサーリンク

そもそもなぜ芸能人が声優に起用されるのか?

 

なぜ芸能人が声優に起用されるのかというと調べてみたところ、

意外に単純で「宣伝になるから」だそうです。

 

声優の上手い下手は映画の興行収入にそこまで関係ないようです。

むしろ芸能人を起用することで、何よりも費用対効果の高い宣伝ができ、

地上波のバラエティに声優として起用された芸能人が番組の最後に映画の番宣をする。

というのは結構目にかかりますが、それがかなりいい宣伝効果になってるようです。

 

いくらアニメ界で有名な人でも幅広い年齢層が知ってるタレントには及びませんよね。

つまり、「芸能人の声優起用」は、映画が売れ、映画関係会社が生き残るための、最善の方法です!

 - 芸能人