安室奈美恵の母のあの事件の真相についてわかりやすくまとめてみた!

   

 

 

来年9月をも持って芸能界を引退することとなった

安室奈美恵さん。

 

そんな彼女には母親が殺されるといった

過去がありました。

 

そこで今回は、安室奈美恵さんの母の

事件の真相についてわかりやすくまとめました!

 

また、事件の真相についてネットの反応も

まとめてみたので、ぜひ参考に見てください!

スポンサーリンク

安室奈美恵のプロフィール

 

本名:安室 奈美恵

生年月日:1977年9月20日(40歳)

出身地:日本 沖縄県那覇市

職業:歌手、ダンサー、タレント

活動期間:1992年 ~ 2018年9月

事務所:ライジングプロダクション(1992年 ~ 2015年)

Dimension Point (2015年)

stella 88(2015年 ~ 2018年)
世代を超えて愛され続けている安室奈美恵さん。

1992年にグループ「SUPER MONKEY’S」の一員としてデビュー。

1994年に小室哲哉プロデュースでブレイク

 

当時は茶髪のロングヘアー・ミニスカート・細眉・厚底ブーツ

などといった彼女のファッションスタイルや髪型、

メイクなどに憧れる若い女性たちが急増。

 

「アムラー・ブーム」が発生し、

社会現象にまでなりました!

 

1996年にはセカンドアルバムがトリプルミリオンを突破し、

その人気を不動のものにします。

 

1997年、TRFのダンサー・SAMとの結婚を発表(当時20歳)。

それとともに妊娠3ヶ月であることも明らかにしました。

 

1998年、産休に入り、育児に専念

12月には復帰シングルし活動再開しています。

2017年9月16日、デビュー25周年を迎えた。

 

2017年9月20日、「ファンの皆様へ」というタイトルで、

2018年9月16日を以て芸能界を引退することを、

所属事務所の公式Webサイト上で発表した。

 

スポンサーリンク

 

安室奈美恵の母のプロフィール

 

安室奈美恵の母親の本名は平良恵美子さんといいます

 

そんな安室奈美恵さんの母親・平良恵美子さんは

高校を卒業とともにバス会社に就職しましたが、

途中でやめて祖母の清子さんに内緒で上京しました。

 

上京先では、埼玉県の工場に勤めて、

1年後には沖縄出身の会社経営者の甥と結婚し、

一旦、沖縄に帰郷。

 

そして、安室恵美子となり、安室奈美恵の兄と姉、

そして安室奈美恵を産んだものの、

自身の生い立ちが原因で順調だった

結婚生活も徐々に破綻していき離婚へ。

 

離婚後は子供3人を平良恵美子さんが

育てることになりました。

 

自身の母親である清子さんと同じ道を歩むかのように、

昼間は保母さんとして働いて、夜はスナックでの仕事をし、

過労になりながらも懸命に子供たちを育てた。

 

そんな状態であった若い頃も、安室奈美恵が芸能界で一躍、

トップスターになったことに感激し、

出版社のすすめもあって自伝的著書ともいえる

[約束]を書きました。

 

しかし、その半年後にあの事件に巻き込まれ

亡き人となりました。

 

 

 

平良恵美子さんはハーフだった!?

 

ハーフだった安室奈美恵さんの母は、

自分の父親の顔も国籍も何も知らなかったそうです。

 

恵美子さんは亡くなる半年ほど前に

エッセイを出版していたそうですが、

そこには壮絶なる半生が記されていました。

 

母親(奈美恵の祖母)が米軍基地で働いていたとき、

白人の兵隊との間に生まれたのが、恵美子だった

 

だから恵美子は、自分の父親についてはほとんど何も知らず、

父の国籍は何なのか…どんな顔をしているのか…

さえ知らなかった。

 

出典:http://matome.naver.jp

 

 

つまり、平良恵美子さんは父に置き去りにされたそうです。

また、白人の兵隊と母は結婚できない状態で

いるにもかかわらず平良恵美子さんを

生んでしまったそうです。

 

 

 

 

ハーフで差別といじめにあう

 

そんなハーフだった安室奈美恵さんの母は、

母子家庭というだけで偏見を持たれました。

 

また、米兵に捨てられたハーフということで

いじめにあってしまいます。

 

幼いころには母子家庭で偏見を持たれ

物心ついてくると、

ハーフということでの差別にも悩まされるようになった。

 

「お前、アメリカンだろ。さっさと自分の国に帰れ」

と罵声を浴びせられたり、

石を投げつけられたこともあったという。

 

出典:http://matome.naver.jp

 

 

平良恵美子さんの両親は結婚できない状態にあった

と書いてありましたが、

 

きちんと結婚をして、家庭を築いていれば

まだ良かったのかもしれません。

 

白人の兵隊は恵美子さんの母を妊娠させて、

自分はさっさとアメリカへ帰ってしまいました。

とても残酷な話ですよね。

 

また、その後は一度結婚し、離婚

しましたが、その数年後に再婚し、

 

子供3人も独立しているということで

幸せはこれから!というときにあの

事件が発生したのです。

 

スポンサーリンク

 

安室奈美恵の母のあの事件について

 

1999年3月17日に安室奈美恵の母親・平良恵美子さんは

義理の弟によって命を奪われました。

 

事件の概要は極めて凄惨なものであり、

想像を超えるほどショッキングな内容でした。

事件現場は沖縄県国頭郡大宜味村。

 

自宅から外に出た恵美子さんと

夫の辰信氏が横断歩道を渡っていた際、

突然に車が突進してきた。

 

恵美子さんは車にはねられてしまい

夫の辰信氏が助けに駆け寄ったところ、

 

車はUターンをして戻って来て、

今度は夫の辰信氏がはねた。

 

ボンネットに押し上げられ

地面に叩きつけられた夫の辰信氏は

恵美子さんを車から引きはがそうと、

近くの電柱にまで引っ張っていったとのこと。

 

すると、そのはねた車からは

義理の弟が下りてきたという。

 

その手にはナタが握られており、

恵美子さんと辰信氏に襲い掛かって来た。

恵美子さんは顔を中心に何度も傷つけられてしまう。

 

夫の辰信氏が落ちていた鉄パイプで応戦していたが、

近所の住民や身内の人間が集まりだしてきた。

 

義理の弟は車で現場から逃走を図り、

事件から4時間後に山中で農薬を飲み自死していた。

 

 

 

事件の犯人・義理の弟の動機とは?

 

事件当時、マスコミ内で安室奈美恵さんの

親族間で起きた凄惨な事件として、

 

大々的に報道された犯人が自死を遂げて

動機が不明だったこともあり、

あらゆる推測と推理を展開し、報道しました。

 

それによると恵美子さん、夫の辰信氏、

そして犯人の平良謙二の三角関係

のもつれというゴシップや、

金銭を巡るトラブルであったというものが噂されました。

 

また夫の平良辰信氏の実家に当時は

移り住んでいた恵美子さんは、

 

血縁や土地柄で固まった周囲から

白い目で見られていたとも囁かれていた。

 

夫婦喧嘩も実は激しく、

パトカーが駆けつけることもあったという

証言も出ていたそうです。

 

つまり、どれも報道側の意見で

はっきりした弟の動機を証言している人は

いなさそうです。

 

 

 

母親事件の真相はいかに?

 

実は平良恵美子さんと夫の平良辰信氏は、

犯人と変貌を遂げる平良謙二の

結婚を反対していたとのこと。

 

その結果、平良謙二が交際していた恋人は離れていき、

交際関係は破綻したそうです。

 

以上のことをまとめると、

 

・弟には結婚したい相手がいた。

・私と恵美子が反対していた。

・その女性(平良謙二の恋人)は身をひいてしまった。

・その恨みかも知れない。

 

引用:平良辰信氏の証言

 

 

他にも副次的な原因というものがあったとは思われるが、

おそらくこれらのことが大きな動機

として間違いないのではないでしょうか?

 

愛する女性と離れなければならなかったことに、

激しい怒りを覚えた矢先が

安室奈美恵の母親と兄の辰信氏に向けられた。

と言われています。

 

しかし、犯人の平良謙二は既にこの世にいません。

 

とはいっても最も近しきところにいた

兄の証言はどんなものよりも信憑性があるといえます。

 

 

 

その後の安室奈美恵の心境について

 

安室奈美恵さんは母親の事件後には

大きな悲しみに包まれ、

一時は活動休止すると囁かれていました。

 

しかし、当時の旦那であるSAMやファンなどに支えられて、

事件から僅か12日後にはテレビに出演。

 

引退を真剣に考えていたと後に語っており、

自身が歌う曲にも助けられた語りました

 

また、事件のその後、母親を忘れない為にも

左腕に大きなタトゥーを入れた安室奈美恵さん。

 

そのタトゥーには以下の様な文言が書かれているそうです。

 

JUN.30 in 1950

my mother’s love live with me

Eternally in my heart

R.I.P

rest in peace

MAR.17 in 1999

 

訳すと、

 

1950年6月30日(母親・平良恵美子さんの誕生日)

母の愛は私と一緒に生きている

私の心の中で永遠に

安らかに眠れ

1999年3月17日(母親・平良恵美子さんの命日)

 

 

現在はこの母親を想う安室奈美恵が施した

左腕のタトゥーは消えかかっている。

残すにはあまりにもつらい過去。

 

愛している母親のことを忘れられず、

過去を思い出せるようにタトゥーを

入れたのではないでしょうか?

 

それも今では消えかかっていて

完全に消える頃には安室さんは

芸能界も引退している頃でしょう。

 

 

 

ネットの反応は?

 

・安室は母親が不幸な死に方した

・義理のおじさんが犯人だとは!

・ありえないような不幸な話

・お母さんの死を乗り越えて必死に芸能界で頑張っている

 

国民的トップアーティストの裏側に、

こんな悲しい事件が隠されていたのですね。

 

安室奈美恵さんは歌うことで

母親の死を乗り越えようとしているのかもしれません。

 

 

 - 歌手